自宅で6日間で学ぶWeb指圧講座です。毎日2タイトルづつ視聴して、指圧の土台を固める事が出来ます。コロナウィルスの終息を見据えてこの期間中に、土台となる技術のスキルアップを計ることは重要です。対面でのセミナーが制限される中、Webセミナーを通してあなたの技術にぜひ磨きを掛けて下さい。

この講座では指圧の基本技術を詳しく解説しています。毎日配信されるビデオで自分のペースでじっくり学べる事が一つ目のメリットです。そして二つ目のメリットは疑問点をLINEで直接講師に質問できる事です。つまり充分消化しながら学習を進める事が出来るという事です。
このWebセミナーで正しい押圧技術を身に着ける事ができます。
強く押すので、指が疲れて痛くなる。
正確に押しているのに、利用者の反応がイマイチ。
その時は効果があるが、すぐ元に戻ってしまう。
指圧の技術を基本から学んでみたい。
効果の出る指圧技術を学びたい。
将来、指圧専門の治療院を開業したい。
疑問点を講師に直接質問し指導を受けたい。
力に頼らずラクに指圧が出来るようになる。
指を傷めずに指圧が出来るようになる。
効果の出る指圧の要領が分かる。
自分の指圧の効果判定が出来るようになる。
ツボを的確に圧せるようになる。
経絡治療の基礎技術をマスターできる。
 1954年・東京生まれ。20歳の時に経絡指圧の創始者・故増永静人先生から指導を受ける。増永先生逝去より7年後、指圧研究グループ「経絡指圧普及会」を設立。以後経絡指圧によるプロ指圧師の育成並びにテキストやDVD教材を作成し普及に尽力している。
☆指圧の効果を理解する
(ビデオ:12分)
指圧独自の効果をマッサージと比較しながら解説します。自律神経に対する効果を知ることで「指圧が病気治療に効く」という原理を理解します。
(ビデオ:10分)
指圧の効果の簡単なチェック方法を紹介します。指圧をして「果たして施術効果があったのだろうか…」との迷いを解決するヒントを紹介します。
指圧の効果を保障する;「指圧の三原則」
(ビデオ:15分)
指圧には基本原則があります。この原則を踏まえて行えば必ず指圧になり、一定の効果が上がるという基本原則です。まずこれについて学習します。
(ビデオ:10分)
基本原則では「持続圧」の原則が重要です。「持続圧」の習得はその後の臨床技術を決めてしまうほど重要です。持続圧のポイントを具体的に学びます。
力を効率よく伝える;「加圧の原則」
(ビデオ:16分)
指圧では単に力で押すのではなく、内部まで力が浸透するような圧が必要です。弱い圧でも効果的に作用させるための加圧の方法を学習します。
(ビデオ:15分)
加圧の原則が実際の場面でどのように応用されているか。その実際例をビデオで観て行きます。ビデオを通してその要領を学んで行きます。
経絡指圧独特の「二点圧迫」の技法
(ビデオ:10分)
両手を別々に使って指圧をする方法を解説します。この技術は将来経絡を扱う場合に大変役立つ技術で、そのやり方を詳細に解説します。
(ビデオ:10分)
二点圧迫法を現場ではどのように活用しているのか。経絡指圧ではすべての臥位でこの二点圧迫法を活用しています。その実際をビデオで学習します。
押圧法の基本を知る
(ビデオ:23分)
指圧では体で使える箇所は全て押圧ツールとして活用します。特にここでは病気治療に役立つ把握圧について、そのやり方を詳しく解説します。
(ビデオ:11分)
各押圧法の実例を見て行きます。ビデオでは把握圧の他、腹診の時に使う三指頭圧、人差指を使った示指圧、速効性のある肘圧なども紹介して行きます。
万能ツールを手に入れる「全身指圧」
(ビデオ:18分)
全身指圧について学びます。全身指圧には全ての技術要素が詰まっており、治療上最も役立つ技術です。この全身指圧についての理解を深めます。
(ビデオ:14分)
全身指圧はそのまま病気やケガなどに対する治療技術です。全身指圧の様々なメリットを理解し、次の学習へとつなぎます。
東京都・石井さん
まず自分の体を健康にしたいと思ったのがきっかけです。指圧はそれまでまったく知らなかったのですが、受けてみて体に響くしすごいと思いました。そこでセミナーに参加したわけです。最初はツボを押せば治るみたいなイメージだったのですが、押圧法と全身指圧をマスターすれば良いのだと知り、セミナーで全身指圧を覚えました。そして使ってみると、意外にも「よかった」の声が多く驚いたのです。今では毎月やって欲しいというファンが何人かいます。この指圧はかなり本格的な指圧だと思いますね。

      受講中の質問は講師が懇切丁寧にお答えします。

Webセミナー・概要
講座内容 押圧技術を極める
配信回数 1日2回配信、全12回
申込み方法 Web申込み
お支払方法 カード PayPal
初回の配信 入金確認後に配信開始
受講費用 42,000円
押圧技術を極める・申込み