Top >> 教材のご案内>> 書籍
 漢方を土台とした経絡指圧の概略を解説。 実務家向けの入門書
B5判、80頁 ★3,500円

◇本書の特徴
 
経絡指圧のアウトラインを述べた本です。治療技術の根幹となる陰陽、虚実、経絡についての知識を分かり易く述べてあります。これを読めばなぜ陰陽論が漢方では必須の知識なのか。虚実とはいかなるものか。また経絡は実際の治療現場では、どのように理解すれば良いのかが理解できるはずです。本書は表やイラストなどを用いて
視覚的に判るように説明していますので、経絡治療のアウトラインを知りたい方には最適な一書です。

 指圧初心者必読書。  土台となる技術豊富なイラスト解説!
B5判、61頁 ★2,500円

◇本書の特徴
 
基本となる「全身指圧」の技術を解説したものです。この「基本全身指圧」は次に学ぶ「実践 全身指圧…」の礎となり
人気の高いテキストです。事実当会の書籍売上では常に上位にランクしています。本書には経絡指圧独特の「加圧法」と「把握圧」の詳細解説があります。この技術を修得すると、少ない力で大きな効果を生み出す要領が身に着くはずです。補助教材としてDVDも完備してあります。

 経絡指圧とその治療法をザックリ理解したい人のために…!
B5判、66頁 ★3,500円

◇本書の特徴
 
本書は当会で人気のある書籍の一つです。経絡指圧のアウトラインを分かり易く解説した入門書です。漢方について何ら知識のない人でもスラスラ読み進むことができ、経絡指圧でなぜ病気が治るのかが分かります。ざっくりと理解したい方はまずこの本から読んで下さい。知識を整理するために章末に練習問題を付してあります。

 プロのための「実践・全身指圧 パート1」 プロ技術を豊富なイラストで解説。
上巻、B5判、67頁 ★4,800円

◇本書の特徴
 
この実技指導テキストは完成度の高いプロの指圧技術を解説した本です。上巻では「座位指圧」「横臥指圧」「伏臥指圧」の各臥位での施術法を詳細なイラストで解説してあり、初心者でも分かり易く順序を説明してあります。この全身指圧は治療の際、判断に迷った場合には躊躇なくこの全身指圧を施せば良い結果が出ると言われるほど信頼性の高いものです。学習にあたっては練習用DVDを併用されると一層効果的です。旧書名「図解全身指圧」となっています。

 プロのための「実践・全身指圧 パート2」 プロ技術を詳細なイラストで解説。
下巻、B5判、53頁 ★4,200円

◇本書の特徴
 
「実践経絡指圧の技法」の下巻で、「仰臥」「頭部・顔面」「全身調整」の施術法を解説しています。とくに仰臥位では「腹部指圧」の方法と肘による「下肢指圧」の方法を解説しています。肘や膝による指圧は実務において必須のテクニックです。この巻ではそれらの技術を徹底解説しています。この技術を習得すれば多様化している患者さんの訴えに対応できるようになります。練習用DVDを併用すると一層効果的です。旧書名「図解全身指圧」となっています。

 実地治療家がパターンで学ぶ実技マニュアル    〜イラストと重点経絡図付〜
書籍/症状の診かた治し方
B5判、35頁 ★2,500円

◇本書の特徴
 
実際に病気に遭遇した時を想定して5つのトラブルを例に取り、具体的な指圧法を詳しく解説したものです。症状の見方や指圧の要領をイラスト入りで解説してあります。
この症例を通して経絡指圧の施術のコツを会得することが出来ます。治療例として5パターンを用意してあります。まず代表的なこの5パターンをマスターして下さい。それ以外の病気等はこの応用として扱う事ができます。補助教材のDVDも是非活用して下さい。

  経絡治療に必要な本格的漢方テキスト ・ Part.1   〜演習問題つき〜
書籍/症状の診かた治し方
上巻、B5判、★3,500円

◇本書の特徴
 
当講座の「中級」で使用している漢方テキストです。経絡指圧の運用を解説しています。経験だけで行っている指圧はいずれ限界が来ます。それまで経験した事のない患者さんや、なかなか治らい患者さんにはどのように応対したら良いのか迷うからです。この問題の解決法は治療の原点に戻って考察するしかありません。本書では指圧療法の根本に遡って、指圧の運用の基本を述べています。各章末には練習問題を付け、独学者でも十分理解できるよう配慮しました。実務力向上を望む方に最適です。

「実践 経絡治療の原理」パート1の詳細説明
   経絡治療に必要な本格的漢方テキスト ・ Part.2   〜演習問題つき〜
中巻、B5判、★4,500円

◇本書の特徴
 
姉妹編「実践!経絡治療の原理」のパート2です。この本では
治療技術の基本となる「補瀉」と「経絡」について解説しています。患者さんの状態によって圧加減を変えるのは当然ですが、しかし実際に圧加減をきちんと把握している指圧師はわずかです。しかし患者さんの体調に応じた圧を加える事が出来れば、それほど苦労せず治ってしまうものです。本書では圧の基本となる「補瀉」の法と、経絡治療の根幹となる「経絡」について解説しました。これをマスターすれば圧についての理解が深まり、現場での施術にゆとりが出るはずです。また各章末には練習問題を付けてあります。

「実践 経絡治療の原理」パート2の詳細説明
 経絡指圧の治療の流れを症例を通して「読み物」風に解説。
B5判、75頁 ★4,800円

◇本書の特徴
 
実際の指圧治療はどのようにするのか。この本ではこれまで明らかにされていなかった、
経絡指圧の実際の治療の流れを分かりやすく解説しています。治療室を訪れる人は様々な訴えをしますが、それをどう捉えるか。そしてどのような施術を組み立てればよいか。さらにその施術が有効であったかどうか等を判断し、次につなげる必要があります。この本では実際の症例を挙げ、それに対し診断の方法、施術計画、施術の流れ、重点部治療、施術効果の判定などを「読み物」風に記してありますので、これから治療を志す方には大いに参考になる一冊です。

「実践 経絡治療の原理」パート2の詳細説明
 日常遭遇する37症例をわかり易く解説。治療家必携の書!
B5判、72頁 ★3,500円

◇本書の特徴
 
症状別に合計37例の指圧治療の方法を解説したハンドブックです各項目にはその病気のアウトラインから施術のポイント並びに施術例を示してあります。この症例を参考にすれば、指圧治療の要領やそれに必要な技術が簡単に把握できます。本書は「症状の診かた治し方」の姉妹図書です。併用すれば大きな学習効果が得られます。

 基本体操から各経絡別体操までイラストで細かく解説
B5判、54頁 ★2,000円

◇本書の特徴
 
この体操は「経絡伸展法」の応用で、指圧治療の補助として患者さんに勧める事ができます。体操は簡単な6種類のものから構成されており、実際に行ってみるとスッと力が抜けてリラックスした自分を発見できるでしょう。また自分自身の健康管理にも有益で、伸ばしにくい体操はその経絡に異常がある事が分かります。伸びる事で改善した事が分かるので、この体操で経絡の基本的な性質を理解する事ができます。